最新ニュース 2019年2月号


海の写真のボルボックスの最新ニュースをお届けします。



 

 ●最新取材情報


・パラオの海中や長崎など

1月はミクロネシアのパラオの取材を行いました。キノコのように根本が侵食された小島が集まったロックアイランドが世界遺産に登録され、世界中から注目されています。パラオの魅力は魚影の濃さで、マンタが次々に現れ、サメの仲間がいつも視界に入り、ナポレオンが興味深く接近し、カンムリブダイがサンゴをガリガリかじり、可愛いモンツキカエルウオが穴から覗いています。国内では長崎や横浜に飛鳥Uを取材し、長崎では干拓の里にあるむつごろう水族館も撮影しました。ムツゴロウのいる干潟水槽が目玉ですが、他の水槽も充実しており、淡水魚も多く展示される水族館でした。ますます増えるボルボックスの新着写真にご期待ください。

カヤンゲル環礁
メガネモチノウオ
カマスの群れ
サカサナマズ(撮影:中村武弘)
目のない魚、ブラインド・ケイブ・フィッシュ(撮影:中村武弘)


 ●出版情報


・シールえほん ペンギンだいしゅうごう!(講談社)

「シールえほん ペンギンだいしゅうごう!」(講談社)が発売になりました。どうぶつアルバムの一冊として、コウテイペンギンの親子やかわいい赤ちゃん、お馴染みのアデリーペンギン、アゴヒゲペンギン、オウサマペンギン、マカロニペンギン、ロイヤルペンギン、イワトビペンギン、コガタペンギン、ケープペンギンなど、51枚のシールがついた絵本です。

「シールえほん ペンギンだいしゅうごう!」(講談社)

・「新どうぶつえんすいぞくかん100」(講談社)

「新どうぶつえんすいぞくかん100」(講談社)が発売になりました。動物園と水族館の動物を100種類紹介している子供向けの図鑑です。海を専門とするボルボックスですが、水族館やフィールドで培った様々なシチュエーションでの撮影ノウハウを活かし、動物園で陸上動物の撮影も担当いたしました。

「新どうぶつえん すいぞくかん100」(講談社)

・「いきもの ちえくらべ」「いきもの かくれんぼ」「かくれて ぱくり」(童心社)

「いきもの ちえくらべ」「いきもの かくれんぼ」「かくれて ぱくり」(童心社)が発売になりました。海と陸の生き物たちの擬態をテーマとした写真絵本三冊です。ボルボックスは海の生き物の写真を担当致しました。

「いきもの ちえくらべ」「いきもの かくれんぼ」「かくれて ぱくり」(童心社)

・「じぶんでつくる シールずかん 沖縄美ら海水族館」(講談社)

「じぶんでつくる シールずかん 沖縄美ら海水族館」(講談社)が発売になりました。自分の手でシールを貼って完成させる子供向けの図鑑です。写真は中村武弘が担当しております。

じぶんでつくる シールずかん 沖縄美ら海水族館(講談社)

・「さがそう!生きものかくれんぼ@ うみのかくれんぼ」(さがそう!生きものかくれんぼ全5巻内)(ポプラ社)

「さがそう!生きものかくれんぼ全5巻」(ポプラ社)の「さがそう!生きものかくれんぼ@ うみのかくれんぼ」の写真をボルボックスが担当しております。立派なハードカバーの図書館図書で、海の中で巧みに隠れて生きる生き物たちを紹介しております。

うみのかくれんぼ(ポプラ社)

・「干潟生物観察図鑑」(誠文堂新光社)

「干潟生物観察図鑑」(誠文堂新光社)が発売になりました。写真の多くを中村武弘が担当しております。干潟に棲む生き物の生態や見つけ方が分かり易く解説された図鑑です。

うみのかくれんぼ(ポプラ社)

・「すいぞくかん」(ポプラ社)

ポプラ社の350シリーズ はじめてのいきものえほん(8)「すいぞくかん」が発売になります。水族館で見られるさまざまな生き物たちが登場する楽しい写真絵本です。

すいぞくかん(ポプラ社)

・「いそのなかまたち」(ポプラ社)

中村武弘の写真と文による写真絵本「いそのなかまたち」(ポプラ社)が出版されました。きれいな写真で磯と磯の生き物についてとても分かりやすい写真絵本です。おかげさまでお子様たちより好評を得ております。

いそのなかまたち(ポプラ社)

・「沖縄美ら海水族館100」(講談社)

中村武弘の写真による子供向きの図鑑、どうぶつのアルバムシリーズの「沖縄美ら海水族館100」(講談社)が出版されました。沖縄美ら海水族館の生き物100種が紹介された、海の生き物が分かりやすい図鑑です。

沖縄美ら海水族館100(講談社)

・「マグロの大研究」(PHP研究所)

子供向き図鑑「マグロの大研究」(PHP研究所)が出版されました。生態の不思議から食文化まで分かり易く書かれている図鑑です。

マグロの大研究(PHP)


 ●雑誌掲載情報


・「CRUISE」1月号(海事プレス社)

船旅雑誌「CRUISE」2月号の連載「中村庸夫の客船名場面集」の第11回ではノルウェーのソグネフィヨルドを航行する飛鳥Uの撮影秘話を紹介しています。

「CRUISE」2月号(海事プレス社)

・「CRUISE Traveller」冬号(丸善出版)

世界の船旅情報誌「CRUISE Traveller」冬号では飛鳥Uの撮影秘話の連載「ASUKA, Around the World」のVol.27で夜の横浜港に停泊する飛鳥Uを紹介しています。

「CRUISE Traveller」冬号(丸善出版)

・「ちゃぐりん」3月号(家の光協会)

3年目の連載『中村武弘の水中カメラ』の第11回は「アサリの生態」で、アサリの不思議な生態を紹介しています。

「ちゃぐりん」3月号(家の光協会)


 ●カレンダー情報


・ASUKA CRUISE 2019 CALENDAR(郵船クルーズ)

飛鳥、飛鳥Uの就航以来、世界一周などを追って取り続けているカレンダーです。

ASUKA CRUISE 2019 CALENDAR

・RELAXATION BLUE in 2019 CALENDAR(ヤマダカレンダー)

20世紀から続けて制作している、海の抜けるようなブルーをテーマに、癒し効果抜群のイージー・オーダー・カレンダーです。

RELAXATION BLUE in 2019 CALENDAR

・2019年 海のカレンダー 日本の海の生物(海上保安協会)

釣り師やヨットマン、潮干狩りや磯遊びに役立つ全国の潮汐表入りのカレンダーです。今年は日本の海の生物をテーマにしました。

2019年 海のカレンダー 日本の海の生物

・FURUNO CALENDAR 2019 中村庸夫が語る海 12枚のストーリー ]]III(古野電気)

船のレーダーや魚群探知機の世界シェアの半分以上を占める国際的なメーカーのカレンダーです。様々な船と世界の景色で構成されています。

FURUNO CALENDAR 2019 中村庸夫が語る海 12枚のストーリー ]]III

・世界の帆船2019カレンダー(凸版印刷、日本海事広報協会)

凸版印刷と日本海事広報協会が共同で作っている世界の帆船カレンダーです。

世界の帆船2019カレンダー

・Wind Jammer 帆船カレンダー(杉本商店)

毎年恒例の帆船カレンダーで、世界の帆船を一隻ずつダイナミックな外形とともに、船内や部品も紹介しています。

Wind Jammer 帆船カレンダー

・Wind Jammer 帆船カレンダー(杉本商店)

大判サイズのフィルムカレンダーで、非常に鮮やかな色彩で帆船の迫力あるシーンを楽しめます。また、月が変わった後はライトボックスに貼ったり、窓ガラスに貼ってステンドグラスのように楽しむことが出来ます。

Wind Jammer 帆船カレンダー

・世界の帆船カレンダー(杉本商店)

クリーンな風を動力に動く帆船は、地球環境が問題となっている今日、その美しさとともに、新たな注目を集めています。

世界の帆船カレンダー


海の写真のボルボックス  © 中村庸夫 無断転載を禁止します。